フォト

twitter

  • twitter

ぶらりと見たもの

  • 201107野崎氏陶展5
    ぶらりと出会ったもの。実は写真をとるのは苦手です。
無料ブログはココログ

« ぶらりと”コーララッパ” | トップページ | ぶらりと”twitter" »

2011年12月 3日 (土)

ぶらりと”知恵の樹”

目からうろこな本に出会うことがある。自分にとっては「利己的遺伝子」(ドーキンス著)を読んだ時だったろうか。「知恵の樹」(マトゥラーナ、ヴァレラ著)を読んで、そんな感じに襲われた。この気持ちは久しぶりである。世界観がシフトするぐらいの衝撃があった。この前、飲んで話をしていたら私の考えは「スコラ哲学的」と言われた。なんじゃそれと調べてみた。キリスト教の基盤を支える理論のひとつで、世の中を操っているものはなにか普遍性とはなにかをつきつめると誰にもわからない領域に達してしまう。そここそが神が創った領域だと考えたそうだ。その考えを引用的に鉄の城のように武装する理論体系を持っているらしい。私の考えのどこが「スコラ哲学的」なのかさっぱりわからなかった。神の存在などどうでもいいし、自分のことを理論的だとは思わない。ただ、身体がおいてきぼりになっている。いつまでたっても「頭でっかち」なのは確かかも。「知恵の樹」の考えはオートポイエーシスに立脚している。この本を読むと細胞システム・感覚システム・筋肉システム・心的システム等が同原理で動いていると考えるものである。それは互いに全く独立していて、カップリングだけが可能という考え方である。そのシステムの中では客観という考えは消失する。だから、喋ると動くは同時にできないのが普通なのである。体が勝手に動き出してしまうのも普通なのである。しかし、やっかいなのは社会システムである。個人があつまって、言語を用いて社会システムをつくっているが、当然、言語は自己認識と深くかかわる。つまり、自己主張や思考という狭い領域のためだけに言語はあるのではない。社会に存続するためにあるのである。その社会と何だろう。それは持続的価値が共有されている世界であると思う。それを新しく作っていくための一手段として言語がある。しかし、それを弄り回しても最終結果など出ないのである。結果を出しているものは何か?それは動くという途方もない現実への行為なのである。動くことで時間が生じている。動くことでまた考えることができるのである。しかし、動くは考えで生じるものではない。思想、意思、自己、行為とは独立した、太古から脈々と動いている、因果を超えたサイクルが我々の中で回っている。偶有性を生み出す源。それがカップリングしている。それは知りえないが内感はあるような気がする。最近、自己主張・個性ということに対する考え方が自分の中で壊れ、再構成されている。「頭でっかち」・・あらためて、口に出して言葉の意味を考えてみる。頭の重さは体重の約10%。すんごく重いけど普段感じない。体は何も教えてくれない。なんか、少し、笑える。文章を読みなおすと「しかし」が多いこと。でもこのままでいいか(笑)。

http://amzn.to/rGQZ7k


« ぶらりと”コーララッパ” | トップページ | ぶらりと”twitter" »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569748/53395501

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらりと”知恵の樹”:

« ぶらりと”コーララッパ” | トップページ | ぶらりと”twitter" »