フォト

twitter

  • twitter

ぶらりと見たもの

  • 201107野崎氏陶展5
    ぶらりと出会ったもの。実は写真をとるのは苦手です。
無料ブログはココログ

« ぶらりと”パパ・タラフマラ解散” | トップページ | ぶらりと”陶展2” »

2011年7月10日 (日)

ぶらりと”考えと無限”

梅雨明けになっても意識の湿度はなんだかまだ高い今日この頃です。意識は無限に広がっているのだろうか。自分の考えは自由が前提と言う人もいる。なんだか、ぴんとこない。無限や自由なら際限なくゆっくりやればいい。時間なんぞ気にしなくていい。無限や自由はなんだかあやしい。身体は有限である。つねると痛いし、ちゃんと皮膚という境界がある。当たり前である。生まれて、生きて、死ぬのである。心臓を動かしている無意識も有限なんであろう。「一つの生」としての話ではあるが。有限であるからこそ価値(個)が生まれる。有限(個)であるからこそ表現が生じる。そう考えると我々は誤解している。本質は考えてもしかたないのである。ただ、結果が先回りしだすだけである。「○○」だから・・である。最近、考えから始めるのはなんだかあやしいと思っている。動くと結果が生じてくるだけである。あとから、「考え」らしきものはついてくる。その「考え」は自分(個)のものではない。動く要素のひとつにしか過ぎない。・・・なんて考えると「個」もまた「個性」とは異なっていくような気がする。むしろ自然に近いのかもしれない。

« ぶらりと”パパ・タラフマラ解散” | トップページ | ぶらりと”陶展2” »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569748/52171557

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらりと”考えと無限”:

« ぶらりと”パパ・タラフマラ解散” | トップページ | ぶらりと”陶展2” »