フォト

twitter

  • twitter

ぶらりと見たもの

  • 201107野崎氏陶展5
    ぶらりと出会ったもの。実は写真をとるのは苦手です。
無料ブログはココログ

« ぶらりと「スーパーフルムーン」 | トップページ | ぶらりと桜 »

2011年3月28日 (月)

ぶらりと”ウオンさん”

音楽の好き、嫌いは何を意味するんだろう。・・その音楽を好きといってる人に何を感じるかだけではないだろうか。いつのまにか、我々は人を介して音楽を聴いてしまっているのではないだろうか。たぶん、音楽を奏でている演奏者と空間全体から生に放たれるものに対しての感受性が原点であると思う。と言いながら、最近ライブに行ってない。これまた、残念な限りだけど・・最近、ネットでウォン ウィンツァン(ウオンさん)という世界的癒し系ピアニストを知った。癒し系?・・・最初、ちょっと引いた。彼は、震災後から毎日のようにUstでピアノを弾いている。祈りをこめた癒し系音色といってしまえばそれまでだが、不思議なことにこれを聴きながら仕事をすると自分の意識の中庸に近づいていく。仕事が何だか落ち着いてはかどる。やる気とか使命感ではなく、素直に初心のスタートラインにつかせてくれる。それで、思ったのは人を癒すなんてたぶん非常に難しいことなんだろうなと。それではなくて、人は自分を癒す力をもっているんではないかと・・音楽はその力を膨らませるだけではないかと思った。Ustといえどもそこから生音が聴こえる。邪魔をされるでなく、なんとなく自分のリズムに干渉する。それが音の陰陽の一面かもしれない。
http://www.ustream.tv/user/SATOWA

« ぶらりと「スーパーフルムーン」 | トップページ | ぶらりと桜 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569748/51235165

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらりと”ウオンさん”:

« ぶらりと「スーパーフルムーン」 | トップページ | ぶらりと桜 »