フォト

twitter

  • twitter

ぶらりと見たもの

  • 201107野崎氏陶展5
    ぶらりと出会ったもの。実は写真をとるのは苦手です。
無料ブログはココログ

« ぶらりと水仙 | トップページ | ぶらりとUSTREAM »

2011年1月 6日 (木)

ぶらりとユング

いまさら、ユングを読んでみた。古びてしまった教科書かもしれないが、読んでみると面白い。言語、意識-心像-無意識, 自我, 自己。意識も宇宙、その宇宙の中を上下、左右もわからずに冒険しているような面白さがある。ふと、台詞というものを考えるとそれは自我に似た氷山の一角に聞こえるだけなのであろう。その深遠な深いところの普遍的な無意識で観客はシンクロするのではないだろうか。もしかするとそれは役なんてものは一義的な見方にすぎないかもしれない。役があって台詞があるのはひとつの見方にすぎないかもしれない。また、因果律という視点は納得感、お得感があるだけのような気もする。ぶらりと読んだ割にはこれは今年、尾をひきそうな気がする。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/4563055115/ref=dp_image_0?ie=UTF8&n=465392&s=books

« ぶらりと水仙 | トップページ | ぶらりとUSTREAM »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569748/50509792

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらりとユング:

« ぶらりと水仙 | トップページ | ぶらりとUSTREAM »