フォト

twitter

  • twitter

ぶらりと見たもの

  • 201107野崎氏陶展5
    ぶらりと出会ったもの。実は写真をとるのは苦手です。
無料ブログはココログ

2013年5月 4日 (土)

ぶらりと”身体”

 前回ブログ書いてから8ヶ月以上もたっている。驚く。時間というものが速いのだろうか?その力が分散してしまったからだろうか。自分は何をやっていたのだろうと問うてみる。どうやら、地球上にはまだいるようだが立っている位置がなくなっているような気がする。主体という境界がどんどん不明瞭になり、自分というものを作っていた粒子が雲のように拡散しているような気分である。といいながらブログを書いている。病んではいないんであろう。でも、自信満々の人をみるとゴブリンにみえるようになってきた。
 演劇についての考えも壊れては再構成され、また壊れている。ぶつかっているのは身体とはなんだろうである。私は周りから言葉の使い方が不自由(難解)とよく言われる。だってある言葉は何をさすのか人によって違うのだから大変だと思う。でも、最近思うのは身体である。人にお前の身体(動作)はよくわからないと言われた事はない(いや、少ない)・・よく考えるとこれはこれで怖いのではないだろうか。ある人に「最近、貧乏揺すりがひどいですけど、体が動きたくてしかたないんじゃないですか?」と言われたとき正直ドキッとした。なぜって?・・じゃ貧乏揺すりをしないかわりに何をするのか?という疑問が湧いた。たぶん・・屈伸とかヨガをするのかな?である。毎日、いろんなことを考えてはいる。でも、頭はたいして動かない(きっとさほど使ってないのだろう)。  
 で、身体は??・・日常的にさほど使ってない。では、身体を使うとはどういうことなんだろう。思考が言語なら行動は探索ではないのか?探索しないと生き物として大変ではないのだろうか。言葉と言葉の間を埋めるのも行動であろうけど、言葉が生成する源は身体(探索)のはずである。それを動かしてないという事は言葉をどんどん外部から取り込んでいるだけなんではないだろうか。・・TVをじっと見ている家族を見るとゴブリンに見える。といって、ジョギング(目的)とか自転車(道具)はちょっとちがう気がする。音楽も自分の場合、楽器(道具)を使う。
 いかん・・なにかが足らない。演劇の前にこの問題はもっと大きいかもと思った。

2012年8月26日 (日)

ぶらりと「平田オリザの仕事」

 中古書でもいいから読んでみるかと「平田オリザの仕事」を読んだ。今更、目から鱗であった。主義主張・作為を演劇で伝達する時代は終わった。とすれば演劇は可能か?リアルな出来事・ありのままの世界を記述することのみ演劇の意義は残される。役者に表現をさせてはならない。役者を表現の不自由さから開放する。喋れない台詞はありえない。表現は主義主張・技術に繋がってしまう。戯曲に世界を描く、そこで役者は翻弄するだけでいいという。役者の責任は自由に台詞を言え、作品に関しての責任などない。演出者は世界観を理解し、役者を監視・助言する責任。作品に関する責任は戯曲家だけでいい。私はずっと人間とは何かを表現しつづける。実に明解な内容である。
 でふと考える。”なぜ”という問いは人生に必要なのか?真実・意義を見出すことは大切だけど非常に困難だし個人的なこと。意義はある意味、批評に繋がる。そんなことより丸ごと観察して、描いてみろ、描く中でしかリアルは生じないのではないかと。書くのではなく、描くということなんだろう。その結果、自分の知らなかったものに出会える。演劇は現実にできることと意識の循環・反復し、それを共有し、新しいものを創りながら感じる過程にこそ意義があるし、これからの社会にもそこが非常に重要な気がする。やりっぱなし・・感じぱなし・・回数があって連続に見えても何も生じてはいないことは周りに多いと思ったりする。
 しかし、この時期にまた読んでしまうとは。よっぽど自分は鈍感なんであろう。

2012年8月15日 (水)

ぶらりと”退団”

ぶらりと”退団”
 演劇集団らせん第5回公演「秋の千草」が終了した。ご来場頂きました方々、ありがとうございました!今回はこれまでの作品とは違い、日常生活の舞台でした。毎日、人間は日常を反復するがその中に気が付かない恐ろしいほどの可能性を膨らましていく、それが現実で不連続なものとして現れることがある。しかし、人間はその状況でまた反復しはじめるとてつもない力をもっている。生きていることは瞬間に閉じ込められている。誰にもわかるはずがない。私にとっても意味深い作品でした。

 私はこの集団に入り、一番感謝していることは人間が真摯に表現するという場を与えてくれたことだと思っています。ある意味、非常にレベルが低いと思われるかもしれません。しかし、自分の思いと役の思いをおき、その間で立ち上がるものを現実に出してみる(表現する)ということはなかなかできる機会はありません。さらに、環境と自分との関わり合いが舞台では立ち上がってきます。そうなると、自分が希薄になっていきます。演劇の要素のひとつとして溶け込む感覚が生まれてきます。・・・ふとそこで思います。これって人生に近いし、逆にとても自然なことではないだろうかと。たぶん、大切な演劇の要素の一つはそういったことを見つめていく意識と現実化しようとする行為なんだろうと。また、それは人間としても人生(反復)において大切なことなんであろうと。
 前回、ブログに境界について書きました。舞台というものに敷居(境界)を置くという考えもあると思いますが、境界がないものを創るということにも意味があるとも思います。演劇集団「らせん」にも境界はないと思っています。「らせん」は反復なんだと思っています。
Photo_2

稽古の反復からたまたま生じた絵

«ぶらりと”らせん第5回公演チラシ”